貝類は・・?       151025




稲刈り作業期間中には、午前と午後に楽しい休憩時間をとります。

気をつけなければいけないのは、つい飲み物や食べ物を摂りすぎることです。

稲刈り期間が終了すると体重が増えていたということにならないように・・・・。





                         
                               
  25日の小休憩で・・・




この休憩中の話です。 近くにこの地域の田んぼ灌漑用の溜池があります。 今、水が少ない。

水位がかなり下がっている。 

トラックで刈り取った米を、池のそばを通って搬送していた自分は、そのことに気づいていた。

この休憩中に「池の水位が下がっているから、そのあたりを掘ると貝がおるんじゃないか」という話も出る。

すると、昔、数十年前には巨大なコイやフナ、ナマズやウナギなどがいて、それを捕っていた話へと発展する。

「今、そんな魚はおらん、ブラックバスばかりになったなあ」と、池の生物についての話は終わる。

その時、『貝類はまだいるかもしれない』という思いが残っていた。

協同作業が終了後、16:30、一人、草削りを持って溜池へ移動する。 



先ず、池の中を観る。 水位が下がっているので浜のような部分が広くなっている。

持参した草削りで、水際を掘り返しながら半周以上移動してみる。 しかし、予想に反して貝類はいない。 気配もない。

池の堰堤から一番奥にあたるあたりに自然の湧水が流れ込んでいるところが2か所ある。

その辺りに貝類(タチ貝、シジミなど)がいるのではないかと、期待して掘ってみるが、いない。



『やっぱり、もういないのか』と、あきらめかけた時。

隣のおじさんが、「わしゃあ、以前○○でおおけなシジミを捕ったことがあるど」と言っていたことを思い出す。

『○○のような所には、いないだろうが・・・』と、思いながらも、○○へ行って、掘ってみる。



すると、なんと、なんと、・・・・、いる、いる!!  大きなシジミだ!! 貝の大きさは、親指の爪2つ分はあろうかと思われるほどのもの。

確かに、これは、シジミだ。 ぱっと見、良型のアサリに見えてしまうほどの大きさだ。

『まあ、待て待て・・、これひとつが、まぐれで出てきただけなのかもしれない』と、自分を落ち着かせる。

ところが、その砂を草削りで、もうひとかきすると、また出てきた。 ひとかきで、複数個出てくる。

もう、道具を使っている場合ではない。 素手で掘ってみる。 手の平に大きな貝が複数個乗っている感触だ。

しかも小さいものがいない。 どんどん続けて掘る。 一回手を入れると、複数個つかめる。 

多い所では、一回で最高9個のシジミが手の内に。

しばらく、夢中に捕り続けるが、ふと我に返る。 近くを散歩している人もいる。 

周りの人たちから、どんなに見えているのだろうか。 

こんなところで、変なおじさんが、泥の中に手を突っ込んで何かしている。 本当に、変なおじさんに見えているのではないか?

しばらく、この○○で、漁を続けると、とんでもなくたくさんのシジミが捕れることだろう。

が、今日はここまででやめておこう。 

今の時季、暗くなるのは早い。もう薄暗くなっている。





           
                            
何個かわかりません、総重量は2,8kgです。




自分は、海釣りのポイントを、HPでオープンにしている。 広い海では、情報交流しながらみんなで楽しみたいと思っている。

しかし、今日のこのポイントは、狭い。 しかも、大量に捕ると資源の再生ができるかどうか不安になる。

ということで、これは公表できないなと思う。 ご覧頂いた皆さん、すみません。 今回は写真だけにさせてください。

この○○は、自宅からも近い。 歩いて5〜6分。

帰宅途中、犬と散歩中の近所の人とばったり。 「え、え〜! なんですか! そりゃあ!」 と。





                
     
アベレージサイズが3cm(透明な物差しが見えにくいかな?)                      すべて同じ程度の大きさ




一晩置いて、砂を吐かせて、次の朝、もう一度洗って近所に配りました。

昔、島根に旅行に出かけ、朝食に宍道湖のシジミがあったのを記憶してますが、あの時は小指の爪くらいのシジミでした。

逆に、本場のシジミほどたくさん捕るので、小さいのかもしれませんね。



今回は、ちょっとびっくりのシジミ漁の報告でした。

シジミは、まだ半分近く残ってます。 清水の中でのんびりしています。 

大シジミ、味わってみたい方は連絡ください。


                                     topicspageへ